Pocket

サロン拡大支援

小さなサロンオーナで、次のステージを目指したい方へ

エステサロン市場は、年々厳しい現実です。
フェイシャルでは、年間利用回数が4.67回。2年前の6.98回と比べると、約2回ダウン。
痩身は、年間利用回数が5.00回ですが、2年前は、6.53回、こちらも約1.5回ダウン。
サロン離れが進む中、それでも新規開店するサロンは後を絶たず、半年も経たないうちに10%廃業へと追い込まれる現状です。

サロン経営を初めて数年、それなりに起動し始めた頃に、将来の経営へ不安を感じるオーナーは少なくありません。
それに、サロン業務は、想像以上に激務です。
日々の忙しさで、事務処理や顧客フォローなどが滞りがちになり、新しい収益を考え出す、余裕がなくなります。
肉体労働の多さで、ご自身の体力への心配を感じる方も多くいるようです。

施術者であったわたしが、次のステージに転向したきっかけは、自身の持病によるものでした。
施術者である以上、お客様に施術ができなくなってしまったら、道は途絶えてしまいます。
なぜならば、この業界は、施術料金=日々の売上というシステムだからです。
突然、経営の危機に立たされ、暗闇の日々が続きました・・。
でも、その大きな試練の中から、ある「仕組み」を造り上げることができたのです!

あなたは、突然施術をできなくなってしまったら、どうなるでしょう?
そうなってしまった時でも、サロンは稼働するよう、準備はできていますか?
もし、できていない場合、積み上げてきた実績も、サロンの歴史も、そして信頼関係も、失ってしまうのです。

でも、安心して下さい。
あなたがお客様と真摯に向き合ってきた経験だけは、無くなりません。
その経験は、次なるステージへ活かす事も、できるのです。
しかしそれには、準備が必要です。

サロンは、新たな収益と、新たな顧客向けサービスを構築する必要があります。
そして、施術労働=売上というシステムから、一日も早く抜け出すべきなのです。

将来の不安を感じているのなら、今すぐに行動に移し,準備をして下さい。
長期にわたって、安定したサロン運営を目指す為に、共に進んでいきましょう!

コンサルメニュー例

■リピート客が増える仕組み
■失敗サロンの犯しやすい罠を知る
■高単価のメニュー作り
■顧客向けサービスの見直し
■目標設定のリセット
■新規収益部門の構築
■スクール事業構築ノウハウ
■協会ビジネス構築ノウハウ

お問い合わせ、申し込みはフォームからお願いします。

moushikomi